格安SIMのメリット・デメリットって?メールは使えなくなる?

現在、人気が右肩上がりに人気が高まっているのが、格安スマホ・格安SIMと呼ばれる携帯電話です。各メディアでも広く紹介されるようになり、興味を持つようになった方も多いのではないでしょうか。

格安スマホの人気の訳を一言で言い表すなら、「キャリアのスマホの約半額の料金で、殆ど同じように使える」からだと思います。

そもそも格安スマホとは何かを、おさらいしたいと思います。格安スマホとは、大手3大キャリアなどのスマホと比較して、とても低料金で利用出来ることが最大の特徴です。

格安スマホを扱う各社からは、細分化された料金プランが提供されています。キャリアの契約では、この通信量の契約では少ないけれど、その上の契約では多すぎて高い料金設定になってしまうと感じる悩みも、格安スマホでは自分の利用状況に合ったプランが選べるのもメリットだと思います。

現在3大キャリアのスマホを利用している方の場合、格安スマホに乗り換えることで、毎月の利用料金が約半分~最大で1/3程まで減らすことも可能です。

毎月のスマホの利用料金が毎月7,000円~10,000円という方が多いと思いますが、それが毎月3,000円ほどになったら如何ですか?。以前のガラケー時代を思い出す様な料金です。家族4人が皆スマホを持った場合を考えると、その差は途轍もなく大きなものになるのではないでしょうか。

何故この様に利用料金を低く抑えることが出来るのかというと、MVNOと呼ばれる格安SIMを扱う会社は、ドコモなど大手通信業者のネットワーク回線を借りることで事業を行っています。つまりインフラ整備に掛かる費用を抑えられることに加え、殆どのMVNOは全国に直営店舗を置くことなく、広告宣伝費なども削減している為、料金を低く抑えることが出来るのです。

また、大手通信業者のネットワーク回線を借りての事業であり、その多くが最大キャリアのドコモの回線を利用していることで、通信対応エリアも基本的に同じとなり、通信速度も問題なく、電話が繋がりにくいといったこともありません。

格安スマホは、スマホ本体とSIMカード(格安SIM)を組み合わせることで利用出来ます。SIMカードには電話番号などの情報が書き込まれたもので、現在のSIMカードから格安SIMへ差し替えることで、現在利用中の本体をそのまま利用し続けることも可能です。特に多くのMVNOは、ドコモのネットワーク回線を利用しているので、現在ドコモで購入したスマホ本体を利用している方は、そのまま格安SIMに差し替えるだけで利用出来る可能性が高いと言えます。

格安スマホへ乗り換える場合には、現在の電話番号をそのまま利用出来るMNPを便利出来るます。手続きも簡単なので、わざわざ番号変更の連絡を知人にしなくても良いので大変便利です。

ここまで、格安スマホは通信対応エリアも現在とほぼ変わらず利用料金を大きく下げられなど、多くのメリットばかりを紹介してきましたが、唯一デメリットと感じられることは、これまで普通に使ってきたキャリアのメールが使えなくなることかもしれません。しかし、それも工夫次第でデメリットではなくなります。

Gmailを利用したり、BIGLOBE SIMを例にするとBIGLOBEメールを利用することも可能で、通知機能などを上手に設定すれば問題は少ないのではないでしょうか。それよりも、毎月の通信費が大きく下げられることのメリットの方が大きいと思います。

今すぐではなくても、キャリアの契約に於ける解約料を考えなくても良い「2年縛り」などから解放されるタイミングを見計らって、格安スマホへの乗り換えを具体的に検討されてみては如何でしょうか。